はじめての方はこちら
  カテゴリー
  ゲームしようぜ

  いろいろ検索

  リンク
  ブログでレベルアップ


  • ブログで勇者を育成 / ブログでレベルアップ

  最近のコメント
  最近のトラックバック
  おすすめ商品
  スポンサードリンク

  RSSとかいろいろ登録
  管理用リンク
  Twitter
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | -- : -- : -- | ソーシャルブックマークに追加する
サイト紹介\すべてのゲームはGAMEBOYに集まる
サイト紹介\すべてのゲームはGAMEBOYに集まる

コメント欄でifififさんに教えてもらった、
Mockup Frenzy #3: Game Boy De-Makes!(Pixelation内)ってサイト。
現行のゲームをゲームボーイにリメイクしちゃおうぜ!が投稿テーマらしい。
自分が知ってるゲームがあったりしてすごく楽しかったー。素敵情報ありがとうでした。



ボクが『既存のゲームをファミコンにデジタライズすること』で
特に気をつけてるのは「きちんと嘘をつけているか?」ということ。
その場面のみになら整合性を取り、それらしく作ることは簡単なんだけど
その他の場面(別のステージや戦闘シーンなど)をスムーズに想像できることができなかったり
後に整合性が崩れることが分かっていたら
いくらうまく作れたとしてもボツにしちゃいます。

いきあたりばったりで作ってしまうと
「この場面の時はいいけど、こういう画面の時はどうすんの?」ってことが
往々にして起こってしまう。
そのため、整合性がつかないような嘘が出てしまう前に
ステージの高低差やアイテム表示の仕方なんかをすんげー考える。考えまくる。
使用しないけどキャラの全方位の向きなんかを全部作ってシミュレートしてみたり。

あとはゲーム全体をファミコンをいう尺に収めるために
このスプライトの表示数では多すぎないか?とか、
当時は容量を抑えたいはずだろうから、今よりタイトル文字を一回り小さくしよう、とかとか。
そういうことを考えながら作ったりしてます。

あ。あとね、ファミコン化な画像を作っていて感じることがひとつ。
ファミコン以上のスペックを持ったゲームを『ファミコン化できる』ってことは
要はファミコンスペックで『も』事足りるゲームなんだよね。
リアルを追い求めたり複雑なシステムでゲームは進化していったわけなんだけど
単純化してみたらそこには純粋なアイデアのみが残っているのが分かる。
逆に、どう考えてもファミコン化できないゲームについては、
そのゲームを表現するには処理や容量以上のスペックアップが必須だったってこと。

もちろん前者もグラフィックや音楽、システム周りがスペックアップしたことによって
そのまんま無理矢理ファミコンで作られたよりも
何百倍も面白く仕上がっている事実は言わずもがなだけど。



いろいろ雑記 | 22 : 41 : 51 | com 0 | tb 0 | ソーシャルブックマークに追加する
コメントはお気軽にどうぞ

| ページの上へ |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。