はじめての方はこちら
  カテゴリー
  ゲームしようぜ

  いろいろ検索

  リンク
  ブログでレベルアップ


  • ブログで勇者を育成 / ブログでレベルアップ

  最近のコメント
  最近のトラックバック
  おすすめ商品
  スポンサードリンク

  RSSとかいろいろ登録
  管理用リンク
  Twitter
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | -- : -- : -- | ソーシャルブックマークに追加する
イベント告知\日本の表現力
名 称_文化庁メディア芸術祭10周年企画展『日本の表現力』
会 期_2007年1月21日(日)~2月4日(日)
会 場_国立新美術館(東京都港区六本木7-22-2)
入場料_無料
日本の表現力 公式サイト

この企画展では『日本の表現力』をテーマに、デジタルアートからゲーム、ロボット、アニメ、マンガにまで広がる『日本のメディア芸術』を、現在・過去・未来の3つの視点で紹介していきます。展示は、1950年から現在までの日本のメディア芸術の軌跡を紹介する『(1)日本のメディア芸術1950-2006』、江戸から縄文時代にまでさかのぼり日本のメディア芸術の源流を探る『(2)表現の源流』、日本のメディア芸術の未来を展望する『(3)未来への可能性』の3部構成です。
(公式サイトより)





この『日本の表現力』という企画展の主催元、文化庁メディア芸術祭
マンガやアニメーション、ゲーム、エンターテインメント、アート等を扱った
東京都恵比寿の東京都写真美術館(恵比寿ガーデンプレイス内)で毎年行われる展覧会。
会場では本年度メディア芸術祭で選出されたアニメの鑑賞や
実際に遊べたりするゲームの展示、マンガに至っては
受賞作品がソファーに座って読める漫喫状態(飲み物出ないけど)なので、
会場をぐるりと見て回って疲れたら、マンガを読んだり映像を観たりしてました。

芸術祭なんて堅苦しい名前が付いてますけど、なかなか楽しい催し物なんで毎年行ってます。
去年は一通り見回ってから、げんしけんをただひたすら読んでた気が。
今年度のアート部門エンターテインメント部門アニメーション部門マンガ部門
受賞作品はリンク先の通り。
大好きな漫画家の岩明均氏が受賞作品に選ばれてるのが個人的には結構嬉しい。
ちなみに本年度のメディア芸術祭受賞作品展は、2007年2月24日~3月4日まで。
会期が近づいたらまた追って(忘れていなければ)告知しようと思いま・・・あ!!!11

よくよく見てみたらエンターテインメント部門に、やわらか戦車・・・これ絶対ウソだろ。
周りのネットよく見る友達とかで知ってるヤツ誰一人としていなかったぞ。
ボクが知らないだけで、ネット上のどこかでは話題になってたんかな?
あと、LocoRocoとかも入ってるな。
アレだけ広告費かけて宣伝したわりには全然売れてなかっただろうに。
あれかな?話題性とか販売実績なんかよりも、目新しさなんかが受賞理由なのかね。
まあそれは分かるとしてもLocoRocoの、ユーザーが勘違いするCM。アレはないと思うよ。
普通にジャイロ入ってて傾きセンサーでバーバパパもどきを動かせると思ってました。
結構多くの人がそう思ってたと感じたんだけど、どうだろ。
今まで気が付かなかったけど、結構アレな展覧会だったのかな?メディア芸術祭って。

えーっと・・・紹介しておいてなんですけど、まあまあ大きな力が働いてるように感じたので、
行こかやめようかは各自、曇りなき眼で見定め、そして決めてください。

で、今回のメディア芸術祭が行う企画展が『日本の表現力』。
どうなんだろうね?企画展って結構アタリハズレが多いんだよなー。
とは言え、ランドウォーカーが実際に動くところは是非とも見てみたい。
他にもスラムダンクやバガボンドで有名な漫画家の井上雄彦氏がシンポジウムに出席したり、
時代を彩ったアニメーション映像などが上映されたりするイベントのようです。

とりあえず、1月21日(今日)から2月4日まで国立新美術館という所で開催しているんで、
日本のサブカルチャー文化(ゲーム・アニメ・マンガ・メディアアート等)の造詣に興味があり、
東京近郊在住または会期中に最寄りまでお越しの方は、
ちょっくら六本木まで足を延ばしてみてはどうでしょーか?




オタクの迷い道オタクの迷い道
岡田 斗司夫

文藝春秋 2003-02
売り上げランキング : 72210
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いろいろ雑記 | 04 : 00 : 34 | com 0 | tb 0 | ソーシャルブックマークに追加する
コメントはお気軽にどうぞ

| ページの上へ |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。