はじめての方はこちら
  カテゴリー
  ゲームしようぜ

  いろいろ検索

  リンク
  ブログでレベルアップ


  • ブログで勇者を育成 / ブログでレベルアップ

  最近のコメント
  最近のトラックバック
  おすすめ商品
  スポンサードリンク

  RSSとかいろいろ登録
  管理用リンク
  Twitter
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | -- : -- : -- | ソーシャルブックマークに追加する
ゲームのある生活\ファミコンツクール
昨日、わたしのファミカセ展 2007に行って来ました。
これは、ファミコンで育った様々な職種の人達がファミコンカセットのラベルを
思い思いの形でデザインして見せあいっこしちゃおうって企画展。
その片隅には『ミスタースプラッシュ!』という13ぶりのファミコンソフトが置いてあった。
(『ミスタースプラッシュ!』については、*つづきをよむ の一番下に
 YouTubeのリンクが貼ってあります。興味があったらどうぞ。)

ファミコンの最新作ソフト「ミスタースプラッシュ!」が登場です!!1994年に発売された「高橋名人の冒険島IV」から数えると、なんと13年ぶりだそうで。クオリティが高すぎるこのソフトは、CS放送・MONDO21の番組「TVゲームジェネレーション~8bitの魂~」内で制作されたもの。Eスポーツプロデューサーの犬飼博士さんが夜なべをして、中古カートリッジからROMを引き抜き、プログラムを書き込んだEP-ROMをハンダ付け&パッケージングしたというDIY感溢れる逸品です。なので、もちろん任天堂非公認…。
ファミコン、13年ぶりの最新作ソフト!?  Gizmodo Japanより)


お店を出て、近くにある公園をぶらぶら散歩しながらずっと考えてたのは
『自分でファミコンソフトを作って遊べちゃうゲーム』ってどうだろう?ってこと。



番組の企画から生まれた『ミスタースプラッシュ!』はプログラムやグラフィック、音楽等を
ゼロから作っているんだけど、一個人でゲーム全てを作るとなるとほぼ不可能に近い。
プログラムなんて、ちょっとかじった程度じゃ到底形にならないし、
グラフィックや音楽もある程度の知識がないと難しい。
ウェブブラウザで手軽に遊べる簡単なFlashゲームでさえ、
ActionScript(Flashにおけるプログラムのようなもの)の知識を必要とする。
普通の人が『ゲームを作る』という行為は敷居が高すぎるのが現状。

で、もっとお手軽にゲーム制作ができないかなーと考えた。

『自分でファミコンソフトを作って遊べちゃうゲーム(命名:ファミコンツクール)は、
最新コンシューマーハード(WiiとかPS3やXBOX360)の一ソフトとして作られ、
高性能なグラフィックや音源を捨て、ファミコン程度のグラフィックと音源にする代わりに
ソフトの容量はプログラムとGUIに重きを置き、誰でも簡単にゲームを作れる。ってのが売り。
ユーザーがプログラムを組む行為やその知識は全く必要とせず、
そこには様々なゲームジャンルの雛形があって、作りたいゲームを選んでいくだけ。
ツリー式で簡単にあらわすと、

ファミコンツクール

├■ アクション
│├■ スーパーマリオ風(横スクロール型)
││├ 左から右進行で最後にボスいない型[+]
││├ 右から左進行で最後にボスいない型[+]
││├ 左から右進行で最後にボス戦型[+]
│││├ 自キャラ飛び道具有り[+]
│││└ 自キャラ飛び道具無し
│││ └ 自キャラ攻撃方法
│││  ├ 素手でボコる型(くにおくん風)[+]
│││  ├ 剣で攻撃型(闘いの挽歌風)[+]
│││  ├ アイテムでだんだん成長型(マドゥーラの翼風)[+]
│││  └ etc.
││├ 右から左進行で最後にボス戦型[+]
││└ etc.
│├■ アイスクライマー風(上スクロール型)[+]
│├■ いっき風(上視点型)[+]
│├■ ナッツ&ミルク風(1画面固定型)[+]
│├■ イーアルカンフー風(対戦型)[+]
│└ etc.

├■ シューティング
│├ グラディウス風(横スクロール型)[+]
│├ ゼビウス風(縦スクロール型)[+]
│├ スペースハリアー風(奥スクロール型)[+]
│├ ギャラガ風(1画面固定型)[+]
│└ etc.

├■ アドベンチャー[+]

├■ ロールプレイング[+]

├■ パズル[+]

みたいな。

キャラの動きなんかも簡単に設定できて、アクションゲームの場合だとキャラの動きは
[ すんごいスロー llllllllllllllllllllllllllllllll           l 超速い ]みたいな感じの調節バー。
もうホント、プログラムとか知らなくても設定ウィザードやチャート式で選んでいくだけで
ある程度のゲーム像ができあがるのが理想。

で、グラフックや音楽はマリオペイントみたいなツールが用意されてあんのね。
画像や音楽のサンプル集も数多く用意されていて、そのまま使ってもいいし
サンプルをベースに作り直しても、ゼロから自分でドットを打ったり音楽を作ってもおっけー。

ファミコンツクールで作り終えたゲームはハード機を通してネット公開ができ、
他のユーザー(ファミコンツクール購入者のみ)に遊んでもらえる。
で、遊んだ人は一度だけ評価を付けることができて、
ゲーム製作者は評価の得票数をクラブニンテンドーのポイントに変換することができる。
結果、グッズや最新ソフトが安く買えちゃう。とかできたら作ってても楽しいだろうな。

製作者はポイントが貯まって _|\○_ ヒャッ ε= \_○ノ ホーウ!!!
作らない人はいろんなゲームが遊べて _|\○_ ヒャッ ε= \_○ノ ホーウ!!!
・・・ってゲームソフトを散歩中に考えてました。

実はこのファミコンツクールの企画、かなり以前から考えてて
ある時、友達のプログラマーに熱く語ったことがあるんだけど、
「おまえはゲーム会社のプログラマーを殺す気か!」と怒られた過去があります。
全てのゲームジャンルを網羅したツクールソフトはとても無理とのこと。

じゃあさ、だったら小分けにしちゃえば?

現にRPGツクールというゲームが存在している。
全部のジャンルをパッケージングするのが無理なら、
『ファミコンツクール~アクション編』や『ファミコンツクール~パズル編』って
ジャンルごとにソフトとして分ければいいんじゃないか?とふと思う。
けどすぐに、「パズルゲーム等はアイデア勝負のモノだから、
ユーザーが思いついた自由度の高いアイデアを、
どうプログラムなりUGIに落とせばいいんだ?」と壁にぶち当たる。
囲いを作って遊ばせていると、そのうち囲いを飛び出すヤツが出てくるのは必須。と考えると、
たぶんプログラマーの彼が言いたいことは、
『後出しジャンケンには絶対勝てるハズがない』と、こういうことなんだろう。

ゲームを作ってみたくてそれにお金を落としてもいいと思っている人口が
どれだけいるかは分からんけど、こういう壁がある限り無理だろうな。
極端な話、永遠に無理なのかもしれない。
人間の中に『アイデア』という、外へ外へと出たがるモンスターがいる限りは。


【関連動画】



RPGツクール XPRPGツクール XP

エンターブレイン 2004-07-22
売り上げランキング : 85
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ゲーム雑記 | 02 : 14 : 46 | com 0 | tb 0 | ソーシャルブックマークに追加する
コメントはお気軽にどうぞ

| ページの上へ |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。